会社法人設立のメリット






 会社法人を設立しようとお考えのあなた

 さすがですね。
 「法人設立」は、たいへん素晴らしい選択です!

 あなたはこれから起業・独立開業される方でしょうか?
 それともすでに個人事業・SOHO事業をされている方でしょうか?

 いずれにせよ、法人の設立によって、個人事業にはない節税メリットをはじめ、「営業面での信頼性のメリット」「契約上の優位性のメリット」など、さまざまな法人のメリットが得られます。


■法人設立のメリットとは?

 法人設立にはさまざまなメリットがあります。

 では、法人設立をすると、具体的にどんなメリットがあるのでしょう?
 法人設立のメリットをカンタンに挙げてみると・・・

【会社設立のメリット】


   税金がダンゼンおトク

   銀行融資などの資金調達がしやすい

   万一の時に、責任範囲が限られる(株・有の場合)

   お客さんへの信用が得られる

   サービス・商品取り引きの契約に有利

   世間体やイメージもいい

   もちろん改めて法人化する手間はなし

   バイトや従業員の人材確保がしやすい

   大規模な仕事も出来る

   将来的に、事業の継続ができる

   社会保険に加入できる

   助成金の申請もできる

   法人口座を開設できる

   「co.jp」 ドメインだって使える


スポンサーリンク




 会社を設立すれば、こうした法人のメリットすべて“あなたのもの”になるのです。

 個人事業のメリット・デメリットを考えれば違いは歴然。

 これから起業・独立開業するにせよ、SOHOなどですでに個人事業をされているにせよ、“成功”の可能性は大きく広がるはずです。

個人事業がいかに“損”かは?←ここをクリック!


■あなたが設立すべき「会社形態」のメリットとは?

 では、優秀なあなたが設立のメリットを最大限に活かし、実力を存分に発揮するには、どの会社形態がいいのでしょうか?


→ 株式会社設立のメリット

→ 有限会社設立のメリット

→ 合資会社・合名会社設立のメリット


 当然ですが、あなたにとって大事なのは「設立すること」ではなくて、「設立した後」(のメリット)です。

 この「法人形態の違い(メリット)」が、あなたの命運を大きく左右するのです。
「法人の種類・形態の違い」詳しくは?←ココをクリック!)

スポンサーリンク




 正直な話し、社名につく「イメージ」とか「コトバの響き」ってすごく大きなメリットになると思いませんか?

 「カッコやイメージで会社の設立なんか出来るか!」  
 
 そんなお叱りを受けそうです。

 おっしゃるとおり、問題は“中身”です。
 「カッコやイメージ“だけ”」がメリットではありませんね。

 でも、あなたは社名に付く「イメージ」が大きなメリットになるとは思いませんか?

 では、ここで問題です。


想像してみてください。


設立後、あなたの会社は大忙し。
「明日にでも人が欲しい!大急ぎでアルバイトを募集しなきゃ!」
さて、アルバイトが一番集まりやすいのは次の4つのうちのどれでしょう?

 @「株式会社ベンチャー」   A「合資会社ベンチャー

 B「合名会社ベンチャー」   C「有限会社ベンチャー
(求人コストも安くありません!)

 逆の立場で考えてみましょう。

あなたは仕事を依頼する外注先を探しています。
良さそうなところが4社見つかりましたが、あなたは悩みます。
「う〜ん、値段や内容はどこも同じだな、どの会社に仕事を頼もうかなぁ・・・
       さて、あなたはまずどこに電話してみますか?

   @「株式会社SOHO」   A「合資会社SOHO

   B「有限会社SOHO」   C「合名会社SOHO
(スピード勝負の時代です!)


  就職先を探すとき

  転職しようとするとき

  自分のの名刺を渡すとき

  封筒に印刷された社名を目にしたとき

  お客さんに請求書を切るとき

  会社名のスタンプを押すとき



株式会社?    有限会社?   合資会社や合名会社?  
さあ、 あなたは、どの「法人形態」がいいですか?

 「“会社形態”で良し悪しの判断なんてしちゃいけないよ」  

 意識の高いあなたなら、そうおっしゃるでしょう。
 そうです。法人形態の違いで、その会社の本当の価値なんて分かりません。

 しかし、だからこそ、イメージのメリットが大事なのです。

スポンサーリンク



考えてみてください。

 「道徳的にいけないこと」と「現実にそうであること」は全く違うのです。


 大切なのは、一般に「イメージが良い(悪い)」と思われる、ということは

あなたのお客さんや取引先もまったく同じように考える

ということです。

 一般社会、特に日本のビジネス社会では、まだまだ“体面”や“世間体”を重視する傾向が強いのは事実です。

 賢明なあなたが、法人形態でその会社を「差別」することなどないでしょう。

 しかし世間は違います。
 あなたが設立する会社の顧客や取引先も、あなたほど意識レベルの高い人だけではないでしょう。
 法人形態の違い、そのイメージ的なメリットで、会社の売上もかなり違ってくるはずです。

 世間はあなたの実力に関係なく“法人形態”で「差別」します。
 “社名のイメージ”に左右される側面があるのも現実でしょう。

 例えば「株式会社有限会社か?」といった外的要因が、利害に直結してしまうのです。
 “個人的な価値基準”とは別の問題なのです。

 大事なのは、実力とは関係のないところで、


“法人形態の違い”が、あなたの実質的な利害を直撃する

ということです。


 実際、有限会社合資会社を設立して立派な業績を上げていらっしゃる先輩社長のみなさん方も、
        「メリットは分かってるけどおカネが足りなかった」
        「メリットは分かってるけど設立の人数が足りなかった」

 そんな事情があって、仕方なく有限会社を設立しちゃった」「合資会社にしちゃった」という方が多いんじゃないでしょうか?

 「株式会社の設立より、合資・合名会社の設立はイメージがいいから」
  「株式会社より、有限会社の設立のほうが取り引きがしやすいから」
  「株式会社ではなく、どうしても合名会社の名刺を持ちたかった」

  ・・・そんな人はあまりいないと思います。
あなたはどうですか?

 それぞれに法人設立のメリットはあります。
 あなたが法人設立のメリットを最大限に活かし、実力を存分に発揮するには、どの法人形態がいいのでしょうか?

 常識的には、株式会社の設立でしょう。

 それも大切ですが・・・


 もしかすると・・・・

 あなたは、起業の成功に「一番大切なこと」を見落としているかもしれません。

「2番目」や「3番目」ではありません。
 あなたの起業を成功させるために1番大切なこと」です。

成功する起業家にとって、一番大切なこととは?→ ここをクリック


スポンサーリンク



法人設立のメリット
起業・独立開業“成功”委員会
http://www.1-japan.com








会社形態の違い
会社設立のメリット 
1円株式会社
休眠会社の買取り
合資会社・合名会社
有限会社
株式会社


個人事業は損?
個人事業の節税
法人との税率比較
節税シミュレーション







無料登録
メルマガ概要
サンプル誌
バックナンバー







サイト内   WWW
byGoogle



  Copyright (C) Percent Ltd.  All Rights Reserved.
当サイトの著作権は株式会社パーセントに帰属します。コピー、転用は固く禁じます。