起業家の成功に最も大切な“たった1つ”のこと



起業・独立開業“成功”に最も大切なたった1つのこと

成功する起業家に最も大切なこととは?


起業スタートで大事なこと

「起業しよう」と決めた、または、起業を検討し始めた。または起業を開始した

いずれにしても、あなたがすべきことは沢山あります。

開業準備に事業計画、資金調達、営業・マーケティング、会計・伝票作業、各種届出関係……
個人事業でも、最低これだけありますが、

まして会社の設立ともなれば、さらにやることが山ほど。
登記申請、登記書類の作成、税務署など公的機関への届出、その書類作成etc.etc....

ぜんぶ一人でやるとなると……アタマが痛くなります。

かと言って、「人を雇う」となると、募集、面接、雇用契約、届出……。
もう、気が狂いますね(笑)

大事なことに集中しましょう。


選択と集中です。


では、起業家にっとって「一番大事なこと」とは?


答えを先に言いましょう。

それは・・・ズバリ、お金の管理。
経理、会計です。

たしかに、地味ですね。

でも、会社をつぶした社長に一番多いパターン、あなたは、知っていますか?


それは、お金の管理です。

倒産社長の典型は、経理・会計が苦手な社長です。

つまり、お金の管理がダメ。
これには、ほとんど例外がありません。

 ・営業も、商品開発も得意なのに、会社をつぶす社長。
 ・仕事の基本スキルは極めて優秀なのに、会社をつぶす社長。
 ・売り上げは順調なのに、潰れる会社。

・・・これ、みんなお金の管理に問題があります。
いわゆる「黒字倒産」などもそうですね。

逆に、つぶれた会社の社長で、
「経理・会計、お金の管理がバッチリできていた」

・・・こういう社長は、見たことがありません。

成功する起業家は、ビジネスの足腰が強いのです。


こんなに大切な、あなたのお金の管理。
実は、起業「前」から始まっています。

たとえば、起業するのに、まず必要なのが「事業計画」。

計画がキッチリしているかどうか?


これが、一つの分かれ目になります。

事業計画を作成する段階で、専門家に見てもらえれば理想的です。
仮に、何とか頑張って「自力だけで、事業計画を作れた」としましょう。

でも、いざ実際に経営を始めると・・・まず、「計画どおり」になど、いきません。

でも、それが普通です。
すべて計画どおりにいく経営者などいません。

「経営・ビジネスがすべて計画どおり」
そんなこと、孫正義でも、ビル・ゲイツでもムリでしょう。


肝心なのは、そのです。

計画をどう修正して、ビジネスをコントロールするか?です。
ダメ社長は、これができないのです。

なぜでしょう?

営業力? マーケティング不足? 商品力? ブランディング?
どれも正解です。

でも、究極の答えは?


もうお分かりですね。


そうです。これも「お金の管理」。つまり「会計力」の無さなのです。

そもそも、「経営」とは・・・「ビジネス」とは何でしょう?

単純化すれば、

経営とは「お金をどう使うのか?」ということに他なりません。

ビジネス(経営)は、「エネルギー」の集まりです。
労働、商品、販売・・・みんな、「チカラ」⇒ つまり「エネルギー」です。

そのエネルギーの根幹が「お金」です。

つまり、「ビジネス=お金の使い方」なのです。 


例えば、あなたが1人社長だとします。

「社長(事業主)のあなたが何時間働くのか?」
こんな問題も、「お金の使い方」の一つです。
 ・社員を雇う=給料を払う
 ・外注する=外注費を払う
 ・最新のパソコンソフトを導入する=ソフト代を払う

 ⇒ 払うとしたら、それぞれいくら使うのか?
このような「お金の使い方」は、安いのか?
果たして社長のあなたが「労働」するより、高いのか?

経営(ビジネス)は、こういった「お金の使い方」の積み重ね。
あなた成否を左右するのです。

さらには・・・
 ・開発費をいくら使うのか?
 ・広告宣伝費をいくら投資するのか?
つまり、

「経営(ビジネス)がうまくいかない」=「お金の【使い方】がヘタクソ」


ということに尽きるのです。


起業では、ビジネスを軌道に乗せるまでが、ひと勝負です。
そして、軌道に乗ったら、あなたの会社は儲かります。

儲かり始めたら、今度は節税も考えなくてはいけません。
もし「税金をたっぷり払いたい」のだとしても、決算処理だけは、必ずしなくてはなりません


いずれにせよ、お金の管理は必須なのです。

でも、あなたが、お金の計算「だけ」しているわけにはいかないでしょう。

それは、あなたの仕事ではありません。

世の中、取引先、家族、そして「あなた自身」に貢献すること

これが、あなたの仕事・あなたの使命です。


そこで大事なのが、「お金の流れ」を扱うパートナー
つまり、あなたの会社(ビジネス)の税理士です。

あなたの「お金のパートナー」には、「お金の知識」が不可欠です。

ここでいう「お金の知識」とは、単に「簿記・会計の知識」のことではありません。
ましてや、税理士「資格」のことではありません。

税務・会計の知識はもちろん大事、当然です。
「お金の知識」はその他の知識も含みます。

商法、各種税法、保険制度といった、最新の知識・・・といったこと。
もっといえば、実務上の「大人の知識」も必要でしょう。
いや、むしろ、こちらのほうが大事かもしれません。

たとえば、
「創業したての新設法人はほとんど社会保険に入っていない」といった基本的な実状から、
「取っておくのは領収書かレシートか」、といった細かいことまで。。。


場合によっては、グレーな「大人の事情」が必要な場合もあるでしょう。
(ここでは深掘りしませんが)

経験に基づく実務的な知識・・・というより「知恵」です。
あなたのパートナーに必要なのは、こうした知識・知恵です。


ところで、あなたのビジネス(会社)は、あなたの人生を、どのくらい左右しますか?

 1.あなたのビジネスが大いに儲かる

 2.あなたの会社がつぶれる


この2つの道は、「お金の扱い方」によって大きく左右されます。
その「お金の扱い方」は、税理士によって違います。

つまり、
【税理士選び】の成功=あなたの【人生】の成功

【税理士選び】の失敗=あなたの【人生】の失敗

といっても過言ではないのです。

大げさに聞こえますか?


でも、実際に・・・・・・

税理士によって、「お金の知識」は、全く違います。
(経験値が違うのだから、当然ですね)

税理士によって、税金に対する考え方も違います。
(考えが違うのは、当然ですね。人間だもの)



たとえば、節税したいなら、
 ・実は儲かってるけど、決算書では(見かけ上の)利益が出ていないように見せる。
 ・あなたのビジネスで使える方法、使えない方法を(もちろん合法的に)判断できる。


また、必ずしも「節税できればいい」とは限りません。
(実際、ワタミなどは、創業後、納税額が1億円を超えたとき「会社を上げてお祝いした」といいます)

たとえばあなたが大型ビジネスをするのなら、
 ・銀行や政府の融資・助成金などを意識することになります。
 → それなら、節税よりも(会計上の)「利益を出している決算内容」が重要になるでしょう。

このように、単なる税務・会計知識のほかに、プロの「ワザ」が問われます。

「税理士なら誰でもいい」というわけではないのです。

ビジネスによっては、報酬が高額でも、近場の税理士がいいかもしれません。
逆に、費用を抑えて遠方の税理士に依頼しても問題ない事業もあります。

つまり、あなたに合っているのか?が最も大事なのです。

医療の世界には、「セカンドオピニオン」というものがあります。

あなたは「セカンドオピニオン」を使ったことがありますか?


セカンドオピニオンとは?
「あなたはガンです。手術が必要です」
そう診断されたとき、「別の医者に診てもらいたいです」と頼む。
これが「セカンドオピニオン」です。

制度としては存在しますが、正直、言いにくいですよね。


税理士も同じで、一度頼んでしまうと、なかなか変更しにくいものです。

「今日は、どこにしよっかなぁ」というワケにはいきません。
税理士は、コンビニではないのです。
一度決めたら、その税理士さんとは、何年・・・何十年というお付き合いになります。

税理士選びは、最初が肝心。

起業(会社設立)の準備で、税理士選びに失敗すると、悲惨です。
あなたの人生そのもの、あなたの家族や従業員、取引先にも、天国と地獄を分けることになります。


税理士選びは、死ぬほど大事なのです。

それでは、税理士をどうやって選べばいいのでしょうか?

インターネットで検索すれば、税理士サイトは、ドバっと出てきます。

逆にアナログで、知り合いのツテを辿ってみるかもしれません。
あなたにも、「いい税理士を紹介するよ」と言ってくれる知人もいるでしょう。


でも、その税理士さんは、本当にあなたのビジネスに最適ですか?

その税理士さんは、あなたが参入する業界に明るいですか?

あなたの考え方に合ってますか?
人間性は? 性格的に、あなたとウマが合いますか?


全国には7万5,000人以上の税理士がいます。(統計:国税庁・日本税理士会連合会)

大まかに言えば、3タイプ。
 ・オールマイティ型
 ・納税重視型
 ・実務型

この中からあなたに最適な税理士さんをピンポイントで選ばなくてはなりません。
それも「ベター」ではなく、ベストの1人です。

なぜなら・・・
 ・一度決めるとなかなか変更できない
 ・会社の内部情報を知られている
 ・ビジネス全体の命運に大きく影響する

そして、ベスト税理士の条件とは・・・
 ・信頼関係が築ける
 ・ビジネスの内容を知っている
 ・価値観が一致(または尊重)している

これらの条件を満たして、初めてベスト税理士といえるのです。

しかしこのベスト要素、肝心な条件が一つ抜けています。

そう、料金です。


税理士さんとのご縁は、何年・・・何十年というお付き合いになります。
つまり、その「料金」は、何十年も支払い続ける価格です。

税理士さんは、普通「先生」と呼ばれます。
「お金の専門家」である税理士の「先生」に、「お金」の値段交渉するのは、、、
正直、やりづらいですよね。

まして、友人・知人に紹介された税理士さんなら、「値切る」など、もってのほか。


でも、税理士選びは失敗できない。
税理士とのお付き合い・その影響は、何年にも及びます。

ちょうど、結婚相手と同じです。
結婚も、相手選びに失敗すると、親兄弟、仕事……人生全体に、大きく影響しますよね。

ちなみに、会社を潰す場合も、「上手な潰し方」は税理士の腕によります。
「被害が少なく済む」ということです。
離婚も、和解が泥沼か、、、これは、仲人の腕によりますよね。

税理士選びは、まさにビジネスの「お見合い」。

税理士とは、最適なご縁を持ちたいものです。

その税理士との「お見合い」を仲介してくれるサービスがあるのを、ご存知ですか?
あなたと税理士さんとのビジネス版「仲人」ですね。


税務の専門家が仲人となり、あなたのビジネス内容や展望をしっかりと把握します。
そして、あなたに一番合った税理士を、ピンポイントで教えてくれるのです。

もちろん、あなたが、税理士の先生と直接、値段交渉をする必要など、全くありません

こういう「仲人」になら、心優しいあなたでも、ストレスなく相談できませんか?

しかも、あなたのお見合い相手になれるのは、選りすぐりの税理士だけ
というのも、このお見合い候補の税理士たち、全員が厳正な審査を通過しています。

税務・ビジネスの専門家である「税理士の仲人」たちが、あなたのお見合い候補になる前の段階で、すでに多くの税理士をふるいに掛けているのです。

その上で、あなたとの「お見合い」の候補に並ぶのです。

先ほど「税理士なら誰でもいいってわけじゃないですよ」とお伝えしました。

その点、厳しい審査に通過した税理士だけがあなたのお見合い候補になるわけですから、

安心ですね。


さて、肝心なお値段です。
この「税理士のお見合い」サービス、
一体、いくらするのでしょうか???





気になるその値段は、、、なんと完全無料です。


しかも、何人でも、無料です。
あなたにピッタリのお相手(税理士)が見つかるまで、何回でも無料でサポートしてくれます

料金が発生するのは、正式に税理士依頼が決まったとき。
そこで初めて、料金を支払えばいいのです。

といっても、ここでも、仲介手数料などは、1円もかかりません。
発生するのは、「税理士料金」だけです。

税理士料金なら、どの道同じことですよね。
自分で税理士探しをしても、どうせかかるものですから。


しかも、それだけではありません。

このサービス、無料というだけではなく、なんとお金がもらえます。

ご成婚祝いのように、税理士とのご縁に「お祝い金」制度まであるのです。

まさに「ビジネスの結婚」ですね。


仮に今回は、あなたにピッタリの税理士さんと出会えなかった。
それでも、料金は発生しません。

つまり、あなたのリスクは、ゼロです。

あなたには、貴重な知識と経験だけが残ります。(しかも完全無料で・・・)

無料で経営の相談ができると思えば、こんなにお得な話はありません。
(相談の日程や時間も、あなたの都合に合わせてくれますよ)


  何回でも税理士を紹介してもらえる

  候補は厳しい審査に通過した選りすぐり税理士だけ


  全てが、完全無料

  無料どころか、お祝い金がもらえる


  そしてリスクはゼロ

もはや、利用しない理由がありません。
まずは、見てみましょう。→ 税理士紹介ネットワーク


ちなみに、法人・個人も問わないそうです。
もし、あなたが会社設立なら、法人化のタイミングなども相談してもいいかもしれません。

迷っていても、なにも変わりません。

ボーっとしてたら、時間だけがムダに過ぎていきます。

まずは、勉強のつもりでビジネスのお見合い「仲人」に相談してみましょう。
 今すぐクリック→ 税理士紹介ネットワーク









会社形態の違い
会社設立のメリット 
1円株式会社
休眠会社の買取り
合資会社・合名会社
有限会社
株式会社


個人事業は損?
個人事業の節税
法人との税率比較
節税シミュレーション







無料登録
メルマガ概要
サンプル誌
バックナンバー







サイト内   WWW
byGoogle



  Copyright (C) 2003-2015 Percent Ltd.  All Rights Reserved.
当サイトの著作権は株式会社パーセントに帰属します。コピー、転用は固く禁じます。